学生時代化学専攻してた人間が30歳にして3次元CADを始めるブログ 其の1

こんにちは
me-yuです。

30歳男性です。社会人7年目です。

学生時代、大学・大学院で6年間応用化学の勉強してました。

ロクに勉強もしてないのに就職活動時は
「有機系の研究開発職につければいいな~」なんて浅はかな考えもってたりしてました。

そして現在・・・
転職等も経験し・・・

設計・開発職です!!

・・・・
・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・

設計?設計???

「いやいや!図面は読んだことありますが、書いたことはございませんよ!!笑」

・・・という本音もありつつ笑

現在勉強中の身でございます。

さて、そんな私が使用している図面作成ツールは
“SOLID WORKS”という3次元CADです。

CADの中じゃメジャーなものみたいですね。(わたしゃ全然知らなかったですが・・・笑)

30歳にして0から勉強していくのもなかなか大変でございますが・・・
おっさんがちょっとずつ得た知識を見てやってください。
(熟練された方々にはとてもつまらないブログですよね、ごめんなさい!!)

今日ブログにあげるのは、
わたしが一番最初に作成した練習用の図です。

1

箱ですね・・・・
枡かな・・・・
日本酒入れれそう・・・
(ええ、酒飲みでございます。)

これ書くので1時間かかってました笑
ホントにCADに対して無知でしたわ・・・

2

最初はスケッチでこの様な四角形を書きます。
書いたスケッチが“完全定義”されていることが大事です。この完全定義がまた訳分かりませんでした!笑
(完全定義に関してはまた別の機会にブログに書ければと思います。)

3

書いた四角形を”押し出し”てやります。
黄色になっているのが、押し出されて立体化した図です。

画面左側のプロパティでどれくらい押し出すか、どの方向に押し出すかを決めることができます。
(今回は100mm押し出しました。)
これでただの直方体(立方体)の図ができあがります。

じゃあ次は中をくりぬいて行きます。
“シェル”という作業です。

4

青の部分が口側になって穴があります。
プロパティで箱の肉厚を調節できます。

1

厚み10mmです。最初あげた図です。

この厚み設定を30mmなんかにすると・・・

5

こんな感じです。
(なんじゃこりゃ~)

2ヶ月くらい前に一連の練習を行ってました。
最初は触り方全く分からなかったんで教えてもらってましたが、途中から遊んでました。
(上の図なんかも遊んでで描いてました笑)

でも結構勉強になりましたよ・・・・・多分。。。

これから定期的にこのおっさん初心者のブログ書いていこうと思うんでよろしくお願いします!!!

では今日はこの辺で失礼します。

ご観覧ありがとうございました!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です