新型ケースの試作

前回の記事で紹介したiPhoneケースの一つを3Dプリンターで試作しましたので
少しだけお見せしたいと思います!
IMG_2127
早速ですが、3Dプリンターで造形後の状態です。
使用した3DプリンターはObjet30 Proです。
詳しく知りたい方はコチラまでお問い合わせください。
IMG_2128
まず軽く紙やすりで表面が滑らかになるように削ります。
その後サーフェイサーで塗装前の下地処理をします。
IMG_2129
ボタン類も同じように処理していきます。
サーフェイサーが乾いたら、先ほどより大きめの番手の紙やすりで
表面をさらっと磨きます。
表面が滑らかになったら本塗装していきます。
最初はボタン関係から塗ります、色はワインレッドです。
IMG_2130
ワインレッドで塗装されたボタン達です。
IMG_2131
本体は艶消しブラックで塗ります。
マッドな感じがゴージャスな感じをだしてます。
IMG_2132

所々塗装が失敗しましたけど、こんな感じで完成です!

色の組み合わせ的にくまモンカラーですね
音量部分がくまモンのほっぺに見えない事もない・・かもしれないです。

3Dプリンターで造形して、塗装まですれば
ここまでの物が出来ます。
これを元に削り出しでアルミケースを作っていきます。

その話はまた次回で!

3Dプリントサービス・機械加工サービスに関する
お問い合わせはこちらまで。
株式会社フジツール
MAIL: info@fujitool.com
URL: http://fujitool.com
TEL: 06-6911-5433

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です